×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENT

TOPIC

第4回醤油名匠を頂きました
【第4回醤油名匠を頂きました】
美女と巡るラーメンの街
【美女と巡るラーメンの街】
喜多方観光案内所
【喜多方観光案内所】
ラーメンミュージアム&ラーメン神社
【ラーメンミュージアム&ラーメン神社】
喜多方観光物産協会
【喜多方観光物産協会】
会津復古会
【會津復古會】
まいぷれ喜多方
【まいぷれ喜多方】
HOME»  窯焼きのこだわり

会津喜多方の伝統米菓「たまりせんべい」 窯焼きのこだわり

其の一、昔から変わらぬ製法

其の一、昔から変わらぬ製法

明治33年(1900年)創業。
一枚一枚、職人の手によって焼き上げられる山中煎餅本舗のせんべい。レンガ窯の炭火は、赤々とせんべいを内側から熱し、風味を逃さない。
原材料を吟味し、蔵の街喜多方ならではの味を伝えてゆきたい。そんな願いから生まれました。

其の二、職人が一枚一枚手焼き

其の二、職人が一枚一枚手焼き

早朝4時から炭おこしが始まり、レンガ窯に炭がおきるまで2時間。
その日の気温や湿度によって、職人の経験や感覚で少しずつ焼き方を変えています。
6時間焼き続け、一日に焼けるのは約2500枚。

其の三、炭火で芯からふっくら

其の三、炭火で芯からふっくら

炭はせんべいを内側から熱し、芯まで火を通すためふっくらとしたおせんべいができあがります。
また炭で焼くことによって香ばしいお米のかおりを逃しません。

其の四、醤油・ハケ塗り

其の四、醤油・ハケ塗り其の四、醤油・ハケ塗り

醤油は、蔵の町の醸造蔵で譲した天然醸造の丸大豆たまり醤油を使用。
稲穂をひとつひとつ集めてつくった『みごバケ』でさっとひと塗り。

其の五、窯でじっくり乾かす

其の五、窯でじっくり乾かす其の五、窯でじっくり乾かす

窯の余熱でじっくり3時間以上乾かします。

できあがり

できあがり