×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENT

TOPIC

第4回醤油名匠を頂きました
【第4回醤油名匠を頂きました】
美女と巡るラーメンの街
【美女と巡るラーメンの街】
喜多方観光案内所
【喜多方観光案内所】
ラーメンミュージアム&ラーメン神社
【ラーメンミュージアム&ラーメン神社】
喜多方観光物産協会
【喜多方観光物産協会】
会津復古会
【會津復古會】
まいぷれ喜多方
【まいぷれ喜多方】
HOME»  喜多方のれん会

喜多方のれん会

喜多方のれん会
商都として発展した喜多方には、様々な代名詞があります。
「蔵のまち」「ラーメンのまち」「飯豊山とそばの郷」「米と地酒と名水の地」など。
喜多方のれん会は、伝統と風土を重んじ北方商人の心意気を守り抜きたいと考えています。

店舗一覧

元祖喜多方生ラーメン はすぬま

元祖喜多方生ラーメンはすぬま
ラーメンブームの先駆けとなった製麺所。品質第一の少量生産で、生ラーメン他乾麺もある。
住所:喜多方市字諏訪208
電話番号:0241-22-0543
無休 8:00~17:00(日曜日は9:00~)

大和川酒蔵 北方風土館

大和川酒蔵北方風土館
創業二百余年の、蔵並も壮観な格式ある老舗酒蔵。蔵見学、直売所で利き酒もできる。
住所:喜多方市字寺町4761
電話番号:0241-22-2233
不定休 9:00~16:30

炭火本手焼 山中煎餅本舗

炭火本手焼山中煎餅本舗
昔ながらの炭火、窯焼きせんべい。醤油も塩も会津産。七輪の手焼き体験も楽しい。facebookに最新情報。
住所:喜多方市字一丁目4643
電話番号:0241-22-0004
水曜定休 10:00~16:00

中華そば まこと

中華そばまこと
ラコク深い豚骨煮干スープがファンを引き付ける、喜多方を代表する人気店。行列ができる。
住所:喜多方市字小田付道下7116
電話番号:0241-22-0232
月曜定休 7:30~15:00

蔵のまちのみそ屋 金忠

蔵のまちのみそ屋金忠
創業天保年間。味噌醤油、漬物、つゆの直売蔵と、囲炉裏で楽しむ田楽喫茶「豆○」がある。
住所:喜多方市字南町2854
電話番号:0241-22-0027
不定休 10:00~16:30(冬季は水曜定休)

蔵座敷 あづまさ

蔵座敷あづまさ
復元された豪商屋敷。そば、田楽など郷土料理と土産も勢ぞろい。うるしの日用品もとり揃ってる。
住所:喜多方市字東町4109
電話番号:0241-24-5000
無休 9:00~16:30

地酒とおみやげ 甲斐商店

地酒とおみやげ 甲斐商店
地酒に郷土料理(こづゆ・にしんの山椒漬・棒たら煮)民芸品、生ラーメンなど、喜多方の土産なら何でもそろう。駅前の旅先案内ショップ。
住所:喜多方市字町田8269-1
電話番号:0241-22-0033
無休 7:00~19:30

旅の我が 家旅館 旅館 俵屋

旅の我が 家旅館 俵屋
手作り料理に定評がある、明治40年創業の老舗。街の中心に立地し旅の散策にはもってこい。
住所:喜多方市字町尻西4872
電話番号:0241-22-0036
年末年始は休み

しま柿の蔵座敷 若喜レンガ蔵

しま柿の蔵座敷 若喜レンガ蔵
1755年創業の味噌醤油の醸造元。レンガ蔵と蔵座敷は国の有形文化財。レトロチックな昭和館(冬季休業)も併設。
住所:喜多方市字三丁目4786
電話番号:0241-22-0010
不定休 9:00~17:00

みちのく郷土 会津 田舎家

みちのく郷土 会津 田舎家
料理も風情も会津の良さを表現する。ランチは穴場で、夜は地酒がはえる肴がそろう。
住所:喜多方市字梅竹7276-2
電話番号:0241-23-2744
無休 11:00~14:00 17:00~21:30

お菓子の蔵 太郎庵

お菓子の蔵 太郎庵
イメージは木立の中の西欧風土蔵。タロワッサン(クロワッサン)の香りが漂う。お菓子のテーマは旬と会津。
住所:喜多方市字屋敷免3962-1
電話番号:0241-24-3473
無休 9:30~19:00
 

マップ

マップ